「施工例」 vol.139 S ショッピングセンター 改修工事 (静岡県浜松市)
  散水フリープランですが、自分の庭又は緑化工事箇所などにユーザー様自ら商品を設置、又はどのようなレイアウトで計画したらいいか分からない方を対象にご相談頂き、散水プランを提案するサービスになります。
(責任施工工事も行っております。工事に関しては運営会社が行っております。)
----------------------------------------------------------
昨年春に施工させていただいたSショッピングセンターですが、建物の一部が未完成で申請が下り次第追加で行う事になってたのですが、その部分以降の廻りの植栽帯を変更したり、歩道入口を追加したりという植栽帯の変更の工事の中で伴う散水の改修工事でした。

基本工事の中で発生した変更は最初の契約通りに施工する義務がありますが、大幅変更とその改修工事は当初含まれてない変更でございましたので別工事と言う事になりました。

大規模店舗やビル、病院、工場と言う場所は使って見ないと分からないということが多く、造り変えというのは投資の一部になります。つまりそう言う事に投資が出来ない企業では今後競争に生き残れないという事はここに書かなくてもだれもが分かっていることでしょう。
その為、派生する様々な工事は一度やってしまえば終わりではありません。新たな追加工事、そして、増設、減少ということは生き物である以上普通にある事です。
それに対応出来るのが弊社でございます。
もしそのような事がございましたら是非、ご相談下さい。

-----------→→----irrigation  equipment--------------------
ここで使用した主な散水設備は、
乾電池式タイマーコントローラー電磁弁ユニット 2セット
ドリップパイプ(ぽとぽとパイプ) 約200m
です。



もともと花壇だった場所を切り崩して通路を造る事になりその下にパイプを通しておきました。
渡り配管をいれておけばとりあえずなんとかなる的な発想ですが、そのような単純な考えはよくありませんがそれでなんとかなってきたのも事実です。



側溝は深いのでそれを設置する時に入れてしまう事が一番の早道です。

植栽帯を削って通路を拡幅しました。植栽帯が少し狭くなったのでドリップパイプを外しました。

通路の下をポリパイプで渡り配管しましたのでもともとあったところに繋げる作業です。

新しく出来た植栽帯、芝生エリアに高木が植えられましたのでそこに散水の為、ドリップパイプを巻きました。

 
  平成21年 9月
散水堂HP TOPページ へ戻ります。
JUGEMテーマ:日記・一般
| 施行例【39】ショッピングセンター、大型店舗 | 16:50 | - | - | pookmark |
「施工例」 vol.90 S ショッピングセンター(静岡県浜松市)
  散水フリープランですが、自分の庭又は緑化工事箇所などにユーザー様自ら商品を設置、又はどのようなレイアウトで計画したらいいか分からない方を対象にご相談頂き、散水プランを提案するサービスになります。
(責任施工工事も行っております。工事に関しては運営会社が行っております。)
---------------------------------------------------------------------------
ここのショッピングセンターの植栽をすべて自動散水で賄うということが前提でプラン致しました。
先に施工しました病院もそうなのですが、大型物件の建物を造るのはいいのですが、結局市民の顔となる玄関である入口、駐車場等の緑が綺麗か綺麗でないかでその建物の印象が変わります。
東京の建物のほとんどが緑に力を入れているという事は世界から来たお客さんがそこへ来るのにまずは緑が顔になるからです。
散水設備は工事物件の中では最後の最後のほんとに最終工事になります。それを予算の関係で工事物件に入れないで終えてしまうとあとから施主様に追加工事として費用をいただくか、施主様自ら工事発注を行わなければいけませんのでスムーズな工事終了とは言えません。
しかし、急に工事の段取り、設計等は難しい・・・そんなときは 当社へ 相談いただければと思います。

基本引き渡し後の工事や終了間際での工事で問題になるのは緑地帯の島が沢山あり、そこに散水栓があるかどうかです。
それがなければ元も子もないので一番重要な事であるので散水栓は計画段階から沢山つけておきましょう。
勿体ないと思いながらもそれが無い為に散水設備が出来ないとか・・あとから追加工事とかは良くあることです。

ここではどうしても散水を全てカバーしたかったので・・アスファルトを切って渡り配管を入れました。
ショッピングセンターにバスが朝早く来ますので、その前に工事をしました。
アスファルトを切って配管を入れる作業ですので配管分の幅でカッターを入れてアスファルトをはつりました。
はつった後管を入れて埋め戻し、またアスファルトの復旧作業をしました。


コーンを並べてエリア一切立ち入り禁止区域にしました。

もちろん縁石も切断し、復旧作業しました。


このように散水設備を大きい建築物で賄おうとすると金額も大きくなってしまいますが、あとの管理の事を考えると費用対効果は抜群です。

ここで使用した主な散水設備は、
乾電池式タイマーコントローラー電磁弁ユニット 27セット
ドリップパイプ(ぽとぽとパイプ) 約3000m
です。

芝生に関しては面積が少ないのでこれだけは降雨を期待して今回は辞めました。


【乾電池式タイマーコントローラー電磁弁ユニットボックス】これは散水栓から取り3系統に分けてあります。

中には砂もしくは砂利を入れて湿気が起きないようにします。

ラベンダー、ローズマリーのエリアになります。

日本中良く見られる サツキ、ツツジ群です。

敷設幅が70cmから1.0mになります。

竹のエリアですが、植栽したばかりなので敷設しました。

芝生と植栽の間際でしたいところですが、ヘッジトリマーや芝刈りで切断する恐れがあるので植栽の中に入れましょう。

勾配になっているところは一番上の段に入れて幅があれば真ん中より上に入れます。

看板等のオブジェがある場合はそれを挟むように敷設します。看板下はどうしても乾きやすいので地際に入れるのが望ましいです。

植栽エリアと通路の境は出来れば植栽を入れたいところです。でないとお客さんが中に入ってきてしまいますので裸地にしない方がいいでしょう。

島と島をつなぐのに側溝の中を通すケースがありますが、設計者、施主様に確認の上作業をしましょう。
基本パイプの敷設は側溝の下は雨水ゴミ等が流れるのでNGです。

島の中で配管をするときには芝をめくって配管をします。目立たないようにすることが景観上必要です。

芝生の中に植栽をしている樹木は一度芝をめくって根鉢の上に散水が出来るように円を描くことが望ましいです。
(必ずしも出来るとは限りませんので出来るだけという事です)

大がかりな建物の場所では散水の重要性が非常に後まで尾を引くので早めに設置出来ると後の管理コストが低くなります。

 
  平成20年 6月
散水堂HP TOPページ へ戻ります。
 
JUGEMテーマ:日記・一般

 
| 施行例【39】ショッピングセンター、大型店舗 | 20:16 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH